FileZilla で SCP(SFTP)をつかう

header

ファイル転送ソフトといえば 「FFFTP」か「FileZilla」、「WinSCP」あたりが代表的なフリーソフトですよね。

そのなかでも「FileZilla」が KUDOH@NIJILOG のお気に入りなんですが、FileZilla は FTP しか使えない、SCP(SFTP)は WinSCP 一択だよねとか思っていませんか?

実は FileZilla でも SCP(SFTP)がつかえるんです。
というのも、ちょっと使い方がわかりにくいので、意外と知らない人が多い。

それはもったいないと思ったので、ここで SCP(SFTP) の使い方をまとめておきます。

FileZilla で SCP(SFTP)をつかう

FileZilla

FileZillaを立ち上げるとこんな画面が出てきます。
普段から使っている人にはお馴染みの画面です。

接続先を追加するには「ファイル」から「サイトマネージャー」を選択するか、ツールバーの一番左にあるサーバみたいなアイコンをクリック。

FileZilla

サイトマネージャー画面で「新しいサイト」をクリックして、任意のラベルを入力。

FileZilla

つぎに右側エリアでホスト、サーバーの種類、ログオンの種類、ユーザ、パスワードを入力します。
SCP(SFTP)を使うためには、この「サーバーの種類」で「SFTP」を選択してください。

証明書の指定

普通の FTP や FTPS をつかうならここまでのやりかたでいいんですが、SCP(SFTP)をつかうためには秘密キーの証明書が必要です。
しかし、FileZilla のサイトマネージャーを見ても証明書を指定できそうな場所がない。

たぶんここが FileZilla で SCP(SFTP)が使えることを知らない人が多いポイントです。

実は FileZilla はちょっと変わった証明書の管理方法をとっていて、それぞれの接続先毎に証明書を指定するのではなく、接続先すべての証明書を FileZilla に一括登録してつかうようになっています。

FileZilla で証明書を利用するためには「編集」から「設定」を開き、接続の SFTP というところをクリックします。

FileZilla

FileZilla

すると「公開鍵認証」という項目がでてくるので、ここの「鍵ファイルの追加」というボタンを押して、サーバのSSH用秘密キー証明書を指定します。

秘密キー証明書を指定すると、「鍵ファイルの変換」というダイアログがでてきますが、気にしないで「はい」を選択すれば OK です。

FileZilla

これで公開鍵認証の一覧に証明書が登録されるので、SCP(SFTP)をつかってサーバに接続するときに FileZilla が証明書をつかってくれるようになります。